2016年

3月

28日

ドナドナ~マリッジブルー1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Mさんは、幼い頃から「お嫁さんになる」のが夢でした。
大人になって素敵な男性と出会い、
順調に愛を育んで、結婚が決まりました。
ところが、お式や披露宴の準備が始まると、
どんどん気分が落ち込んで行きます。
近頃では、お相手のことが
好きかどうかさえ、わからなくなってしまい、
いっそ破談にしてしまおうかと思う位です。
でも、とてもそんな勇気は無いし、
一人で生きて行きたいわけでもない。
何がどうなっているのかさっぱりわからず、
誰にもわかってもらえず、
疲れ果ててステラへいらっしゃいました。

Mさんは、とても優しい方です。
結婚運に問題はなく、
お相手の男性との相性も申し分ありません。
ただ、内面にある葛藤に光を当て、
クリアにしなければならない
「大掃除」の時期が来ているのは確かです。
そこで、ヒプノセラピーを試みることにしました。
ブライダル・セラピーですね!

催眠に入ると、Mさんが小学生の頃の、
給食の場面が出てきました。
Mちゃんは、大粒の涙を流し、
必死で嗚咽をこらえていますが、それでも
ひきつるような号泣が止まりません。
机には、冷めた給食が
手を付けられないまま乗っています。
ほかの生徒は食事が終わっていて、
先生がMさんの食べ終わるのを見守っています。

小学生のMちゃんに、いったい何があったのでしょう。


つづく

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2016年

3月

18日

 春と聞かねば

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

春と聞かねば 知らでありしを
聞けば急かるる 胸の思いを
いかにせよとの この頃か
いかにせよとの この頃か 

「早春賦」の三番に悶絶。

相手の想いを知ってしまった恋の歌です。

 

大正2年に創られた小学生唱歌ですが、
こども達には歌詞の意味が
わかるはずも無く。

後になってわかるという・・・

 

 

 

 

 

2016年

3月

03日

 ソウルメイトに出会うには

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これのために、この映画が好きになった、

という「台詞」って、ありませんか?

私にはあります。

 

これから映画を見る方のために

映画の題名は書きませんが、

台詞のほうは、こんなのです。

 

『この世に理想の相手はいないけど、

本物の相手はいる』

 

理想の相手を探して探して、

見つからなくてがっかりしている方たちや

理想と思って一緒になったら違っていて

がっかりしている方たちに、 

是非、味わっていただきたい名台詞です。

昔の日本の人は、これを

「われ鍋とじ蓋」などと言いました。

うむ、完結な表現です。

 

私のお相手はいったいどこにいるんだろう、

と悩む方は、頭で考えることを止め、

不安を手放して今の幸せに感謝していると、

「本物」とのご縁が繋がりやすくなります。

そのお相手は、想定外かもしれませんが

あなたにピッタリです。

 

この人ではなかった!?と思う方は、

不満や期待を手放してお相手に感謝すると、

この人でよかったんだと気付くか、

パートナーチェンジが起こります。

 

そのようにして出会った人が、
所謂よくいうところの
「ソウルメイト」です。

 

 

 

 

 

 

2016年

2月

23日

自分の中の色々な自分

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自分の性格が、ガラッと変わる時って

ありませんか?

環境の変化によって、

というのはわかりやすいですが、

取り立てて変化が無いのに、

ある日突然変わる、という・・・

私は幼いの頃、

几帳面できれい好きな子供だったそうです。

ところが10代になってからは、
男子が引くほどワイルドな暮らしぶりでした。

その後も、自分で驚きあきれつつ

色々の面で極端から極端へ振れる傾向があり、

近頃ようやく、その振り幅が

小さくなったような気がします。

一説によると、

ガイド(守護霊)さんが変わると

性格も変わるそうですが、

だとすると、担任変わりすぎです、

なぜそうなるのか?

人格って、

実は相反する複数の性格で構成された

多面体なんですよね。

例えば誰の中にだって、

怠惰と勤勉、臆病と勇敢など、

両極端の性格があると思います。

私は無意識のうちにそれらの一つ一つを、

できるだけ体験しようとして
いたのかもしれません。

その多面体の中のどこかで、
極の一方を

否定していたり拒絶していたりすると、

もう一方の性格を、

周りの誰かが見せてくれます。

大抵はきつーいやり方で。

そして否定や拒絶の度合いによって、

きつさが増します。

もし、あなたの周りに
「無理」な感じの人がいたら、

自分の中に押し殺して閉じ込めている

性格がないかどうか、
チェックしてみてください。

見つけて解放してあげれば、

無理な人はいなくなるか、
変わってくれます。

 

 

 

 

 

 

 

2016年

2月

03日

好きな彼を落とす完全マニュアル?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そのマニュアル本は、

ネット上で売られていそうです。

あるお客様がたまたまま見つけ

ちょうどその時、絶対振り向かせたい

片想いの男性がいたので、

思わずクレジット決済で

ダウンロードしてしそうです。

新書版なら数冊買える値段なのですが

学生さんやフリーターさんでも、

工夫すれば出せない金額ではありません。

巧みな値段設定です。

コピーは勿論のこと口外もご法度、

ということで、の秘密主義もまた、

仕組まれたものでしょう

 

お客様は

『モテるだけではなく相手から絶対に

告白させるテクが書かれている』

とのフレコミに、

抵抗が出来なかったそうです。

確かに、女性なら誰でも、

好きな男性に告白されてお付き合い

なんて、最高です

 

お客様は私に「ナイショ」で、

そのおおよその内容を教えてくださいました。

「これで先生もモテモテですよ、

あ、釈迦説か」ですって。

ま~人生長いのでそれなりにありましたが、

私は必ずしも『モテ女』とは言い難く、

どこがマニュアルと違ったのだろう、

と思わず耳を傾けてしまいました。


つづく

 

 

 

 

 

 

2015年

12月

26日

 卵焼きの法則

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あなたは卵焼きが大好きです。

ある日のお弁当に、卵焼きが入っていました。

さて、あなたはその卵焼きを

 

1)最初に食べる

 

2)チビチビ食べる

 

3)最後に食べる

 

4)大事過ぎて食られべない

 

のうち、どれでしょう。

 

ステラ的には、

1)をお勧めします。

 

お腹が空いている時の方が

おいしく感じられるし、

栄養を吸収するし、

他のおかずでお腹が一杯に
なってしまうかもしれないし、

お弁当箱をひっくり返したり、

急用でお弁当が食べられなくなったり、

するかもしれないですから。

 

好きな物事は、後回しにしない方が

良いと思います。

4)はあり得ないと思うのですが、

案外こういう方、

現実には少なくないんですよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

2015年

12月

13日

口にする言葉の大切さ









「出会いなんてどこにも無い」

「幸せになれない」

「一生○○には縁が無い」・・・

 

出会いはほしいし、幸せになりたいし、

一生○○に恵まれたい、んですよね?

皆さ、ま逆の暗示かけがとてもお上手です。

 

否定から入る会話

「でも」「だって」「いえ」「じゃなくて」

「というか」「わかりません」「無理

幸運の女神様は門前払いです。

 

「結婚出来ない時のことを考えて資格を取る」

結婚しようと思うなら

出来ない時のことは考えないで。

資格は結婚しても役に立つはずです。

 

「しなくてはいけない」

「こうしていられない」

「がんばらなくては」しばり感は、

あなたを願望達成からどんどん遠さけます。

 

「もし」「仮に」「万が一」

欲しくないものについてならまだしも、

欲しいものについては、遠慮しすぎな表現です。

 

「そうなればよいですが・・・」

たくさんのアドバイスと情報提供の後に一言。

 

言葉は意識を支配し、

意識の力は現実を変えます。

ネガがポジに変わるなら、その逆もあります。





 

 

 

2015年

11月

30日

チョコちゃんゲーム















昔飼っていたチョコという名の子猫は、

私の見ていないところでは猛スピードで走り回るくせに、

私の前では、足を引きずり、

上手に歩けないふりをしました。

 

その都度抱き上げられ、 

「大変チョコちゃん!どうしたの?あんよが痛いの~!?」 

とされるのが、面白くて仕方ないのです。 

一度くじいたか何かで私が心大騒ぎしたのが、

すっかり気に入ったのだと思います。

 

私は、彼女の演技が見たいばっかりに、

何度でも騙されてあげました。

 

チョコちゃんのは只の演技でしたが、 

誰かに注目され、構われたくて

体調を崩したり、トラブルを背負い込んだり、という事態、

思いの他、あるようです。
無意識の仕業であることが多いようですが。

暫くすると周囲は、

だいたいそのゲームに気づき、飽きてきます。

そして、注目度が薄れると、 

次第に、引き寄せる困難が
エスカレートする傾向にあるようです。

このゲームはリスクが大きすぎ、また
良い人間関係を作るのに、

有効な手だてとは思えません。

 

チョコちゃんは、元気で走り回っていても、
充分可愛らしいのですけれどね。







 

2015年

11月

15日

逆境の時~ステラおばさんのタオ










まさかの落とし穴、

致命的なミス、
立ちはだかる障壁、

救助の遅延、

愛着のある物事の強制的な手離し・・・

 

遭遇すれば誰だってメゲますよね。

でも、時にはこんなことがあるわけで。

私にとっては、ほぼオトモダチ的状況です。笑

 

そんな時、変に力んでジタバタすると

かえってややこしくなるみたいです。

結果、私は無執着と
人生への無邪気な信頼を学び、

あっけらかんと生きることの心地良さを、

少しずつ身に付けて来たように思います。







2015年

11月

10日

サターンリターン~虚しさの訳












2007年4月6日

土星は、約29年で黄道を一周します。

誰にとっても、生まれた時の土星の位置に

約29年後には天空の土星が戻ってきて重なります。

これを、サターンリターンと呼びます。

土星の働き」のところで書きましたが、

土星は、厳しさによって人を育てます。

出生時の太陽、月、水星、金星、火星等に

天空の土星が掛かる時は、

それらの星が受け持つ分野で、

苦しさが増すように感じられるでしょう。

では、土星に土星が掛かった時は?

純粋に、身が引き締まるような感覚があります

女性にとって29歳というと、

仕事を充実させるか結婚を考えるかしなくては・・・

といったお年頃でもあるようで、

不安顔で相談にみえる方が多くいらっしゃいます。

サターンリターンと社会通念の相乗効果でしょうか。

しかしよくお話を伺ってみると、

取り立てて悩む必要がないことも。

中には29歳前後でパートナーを決め、

結婚に踏み切る方もあるでしょう。

また、思い切った方向転換をされる方もあるかもしれません。

そんな友人たちを見て、

急に不安になるお嬢さんたちがいらっしゃるのでしょうね。


サターンリターンは、
これまでの生き方を振り返り、軌道修正し、

これからのことを考え直す良いきっかけになると思います。

けれど、結婚、転職、起業等のタイミングは、人それぞれです。

土星のプレッシャーだけで何かしようとしてもうまく行きません。

あなたにはあなただけのラッキーなタイミングがあります









2015年

9月

22日

貸したお金の一番楽な回収法









人にお金を貸して戻って来ず、

そのことが悔しくて悔しくて、

夜も眠れず、食欲も落ちてしまっているTさんに、

とっておきの法則をお伝えしました。

 

もちろん、借りて返さないのは良くないですよね。

まして人の物を奪うなんて、最悪。

 

でも、それで気分を悪くし、身体まで壊したら、

余計悔しくないでしょうか。

 

一度、その想いを手放してください。

あなたがそれ以上傷付くことは無いので、

安心して手放してください。

そんなことをしでかした知人と、

それに関わってしまったあなた自身を、

丸ごと許します。

その上で、可能であれば、しかるべき措置を。

その方がお金が戻りますヨ。

 

でも、何をどうやってもお金が戻らないこともあります。

そんな場合、手放し、許すと、

失ったお金が、時には何倍にもなって、

別の所からあなたの所に戻って来ます。

 

ただし、戻らない方が良いケースがあります。

例えば・・・

・他の人生や他の場面で、

 あなたがどこかから搾取したツケが回ってきた。

・お金に、不安や恐怖など、

 要らない想念を沢山チャージしていた。

・お金を失うことで、ちょうど瀉血のように、

 生体エネルギーの浄化が起こっった。

・お金を失う代わりに、プライスレスの価値を手に入れた。

そんな場合は、気分を切り替えると、

妙にスッキリするものです。

 

偶然に起こることって、何も無いんですね。







 

2014年

11月

02日

新婚カップルの部屋

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2006年8月12日

 

昨日、新婚カップルの新居にお呼ばれしました。

明るい1LDKに白木の家具やキャンバス地のソファ。
調理器具や食器類など、全て新しくてピッカピカ! まぶしい♪

 

友人がメインディッシュを作る間、
旦那様は2種類のパスタとサラダをささっと作って出してくれました。
しかも楽しいジョークとパフォーマンス付き!

なんとなーく二人の間にだけ通う空気とかがあって、目が合うと自然にニコッ(≧ワ≦)。

つい、「いいなあ~。私も幸せなりた~い」と発言してしまいました。

すると、一緒に招かれた友人に、
「Mさん、幸せじゃん!ささやかーな幸せで満足してる私に、挑戦する気~?」
と叱られてしまいました。

その通りですね。

今の幸せへの感謝なくして、

いったい、いつ、どこに幸せがあるのだ、ということです。

 

 

 

 

 

 

 

2014年

11月

01日

バンビの法則

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2007年4月1日



これはその昔、友人が発見した法則です。
無邪気で自由で、赤ちゃんみたいに可愛い女性(これをバンビと呼ぶ)には、
包容力があり、ものの解った大人の男性(これをアオンと呼ぶ。
アオーンと遠吠えしたくなる程のイイオトコという意味らしい)
が寄り添い見守る。
逆パターンもある気がします。

 

※注意書き
バンビの法則には、学びも落ちも一切ありません。
悪しからずご了承ください。  

 

 

 

 

 

 

2014年

10月

26日

響き合う心

 

 

 

 

 

 

 

2006年9月2日



私に何か不安や迷いがあると、

それと同じような問題を抱えた方ばかりが続けていらっしゃいます。

問題に向き合わなかったり解決を先延ばしにすれば、

ご相談内容が少しずつエスカレートして行きます。

私とお客様、双方にとって過酷なセッションにしないためには、

素早く自分の問題に向き合い、取り組まないといけません。

そうやって私自身が引き寄せたお客様に

一生懸命アドバイスをしているうち、 

それが自分への労いや励ましや宣言となり、

気付くと問題は解決しています。

私たちはみんな、音叉のように共鳴しあって

お互いを助ける仕組みになっているんですね。

もし、私の心が一点の曇りもない状態であれば、

いらっしゃる方も、その時点で問題が無くなっているかもしれません。

あるいは、お客様がいなくなる? 

そして、私は他のことをするかもしれません。笑。

 

2014年の私から

6年経った今、私自身がずいぶんと楽になり、 

それに呼応して、お客様の問題解決も早くなっている気がします。  

でも、一向にお仕事をやめる気配が無い所を見ると、

私自身、まだまだ学びの道の途中なのでしょう。  

 

 

 

 

 

 

2014年

10月

15日

片想い返上!

 

 

 

 

 

 

 

 

2006年8月13日

 

好きな人には愛されない、好きになってくれる人は愛せない・・・

昨日、あるブログにそんなことが書かれていました。

すごい反響でコメントがいっぱい!

 

私も/俺も/痛いほどわかります/どうしていつもそうなのかなあ/

言ってくれた人と付き合えば?/絶対ムリ・・・・等々。

皆さん、同じようなことを体験されているんですね。

 

これを書いた人は20代前半のお嬢さんですから、

まだ本物のお相手に出会っていないだけなのかもしれません。

コメントを書いている人たちも同年代が多いでしょう。

 

幼馴染で結ばれる人も居ますが、大抵はある程度試行錯誤の末、

本当のパートナーに出会うのでしょう。

 

そうでないとすれば・・・他にいくつか原因が考えられます。

 

※ 自分は愛される資格が無い、魅力が無いなどと思っている
※ 相手不在、思い込みだけで恋をしている
※ 恋愛は難しいものだと思いこんでいる
※ 恋愛を、何かのために止めている
(勉強、仕事、自由、趣味、親族への遠慮、等)

 

こんな思いが心の中にあると、合わない人ばかり好きになります。

似たもの同士は引き付け合うので、同じような異性が寄って来る。

というワケです

 

思い当たる方は、逆のことをして中和させましょう。

 

※ 自分を認めて愛してあげる。
※ 好きになる前に、相手を良く見て、話して、感じてみる。
※ 恋愛は楽しいものだ、と思う。
※ 恋愛と他のことが、両方巧く行くことにする。

 

心当たりの方は、試してみてくださいね。

 

 

 

 

 

 

2014年

10月

14日

ピーナッツバター事件

 

 

 

 

 

 

 

 

2010年7月5日


元モンロー件のトレーナー、

ブルース・モーエン氏のエクササイズ本の導入の部分で、

信念体系が物事の認識力を決定してしまうことの一つの事例として、

「ピーナッツバター事件」というエピソードが紹介されていました。

 

パンにピーナッツバターを塗ろうとして 

いつも瓶が置いてある棚を見たが、影も形も無い。

オーガニックの瓶だけではなく、スキ○ピーの大瓶まで消えてしまった。

棚のものを全部動かして丁寧に捜したが無い。

『何が起こったんだ!何で無いんだ!?』

と混乱しつつあちこち捜したが、やはり無い。

 

暫くして気を取り直し『私はピーナッツバターが必要だ』 

と思い直して捜すと・・・あら不思議、

さっき散々捜して見つからなかった棚に、 

ちゃんとピーナッツバターの瓶があるではありませんか♪

という内容でした。

 

モーエン氏、きっと、

そうとうウッカリさんなのじゃないかと思うのですが・・・。

  

ともあれ意識の持ち方で周囲の見え方が違ってくる、

ということは確かにありますね。

  

私の父は捜し者の達人で、モーエン氏と同じようなことを言います。 

「捜す時は、出てくると決めて捜すんだよ。

あれこれ考えずに、手に捜させるんだ」と。

 

今日、タロットカードが一枚が無くなったので、

そのようにしてみました。

捜し始めて数秒で思いがけない所から出来てました。

 

なあるほど。

これ、いろいろなことに応用できそうですネ。

 

 

 

 

 

 

 

2014年

10月

12日

結婚しよう! 2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その男性は、程なく職場の女性と結婚を前提にお付き合い、

一緒に暮らし始めました。相性は悪くありません。

   

ただ、女性の側は元々結婚に対して不安のある方で、

直ぐに結果を出せる時期でもありません。

こんな時は表面の意識でどんなに結婚したいと思っていても、

無意識にそれとは正反対の言動をしやすいものです。

   

案の定彼女には秘密があり、

一緒に暮らしていてそれを秘密にするのは無理だろうし

駄だろう、というようなことをひた隠しにしています。

 

ヒョンなことからその事実を知った彼は、

秘密の内容より、そんなことを秘密にしたがる彼女の態度に

動揺し、ステラを訪れたのでした。  

 

遠まわしに彼女に秘密について尋ねたら、

泣いて誤魔化されてしまったそうです。

私は、秘密を知っていることを打ち明け、

お互いに心を開いて話し合うことをお勧めしたのですが、

彼は恐くてとてもそれは出来ないとおっしゃいます。

そこで「秘密のことはもう聞かない、

あなたを信頼している、打ち明けたくなったらいつでもそうして」

と言ってみたら?と提案しました。

その方はその言葉をメモされました。

 

「彼女と巧くやる秘訣は?」と問われ「信頼です」と答えました。

自分への信頼、相手への信頼、幸せへの信頼・・・。

それがあれば、しがみついたり焦ったり縛ったり、

は無くなるはずです。「信頼されていなくてもですか!?」「はい^」

 

やってみます!とその方は言い、

相性は良いんですよね?結婚できますよね?と何度も確認され、

帰って行かれました。

 

最も恐いことに取り組む。

荒療治ですが、それは有効な癒しの手段の一つです。

私たちの心はそれをよく知っていて、

いきなり難しい課題を人生に投げ込むことがあります。

 

この彼、ぜひ幸せになってほしいものです!

 

 

 

 

 

 

2014年

10月

10日

結婚しよう!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2007年5月5日

 

 

お見合いではなく普通の恋愛で、

お付き合いを始めた直後にお相手の男性から

「結婚しよう」と言われると、ふつう、ちょっと引きますよね? 

それとも有頂天になるでしょうか。

   

一目ぼれのドラマ。生まれる前からの約束。 

否定はしません。 

でもそんな場合、プロポーズする側に

何か心の問題がある可能性もあります。

 

孤独感が強く、常に女性に去られてしまうのではないかと

恐れる男性は、愛という名目で女性を縛ります。

 

すると女性は苦しくなりその人から去ります。

彼はさらに孤独を深めさらに求め、縛る・・・

そんな負のループが出来てしまいます。

  

お付き合いして1週間目にプロポーズされた、 

等と言って来られるお嬢さんたちに「チョッツトマッテ」と

上記のようなお話をすることがよくあるのですが、

今日いらした男性のお客様はそんな方でした。

図らずも女性側のご相談から思い描いていた通りの事実を

確認することに・・・。

  

ご自身、なぜ女性と向き合うと不安で

居ても立ってもいられなくなるのかわからず、

とても苦しんでいらっしゃいました。

 

「結婚は、2年後くらいですよ」と申し上げたら

「2年も!!そんな永い時間、

とても正気で耐えられません!」とおっしゃっていました。

 

 

つづく

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2014年

10月

04日

直観の見分け方

 

 

 

 

 

 

 

 

2006年12月26日 

 

 

気が進まずに放置しておいたことは、

後で必要なくなったり、

もっと良い方法が見つかったり。 

 

ただこれは、逃避で手を付けずにいることと似ていて、

区別がつきにくい。 

良い放置の場合は、放っておいても不安にならない。

逃避の場合は不安になり、眠りが浅くなったり、

部屋が散らかったり、余計なことをしたり。

 

一方、嫌な感じを押し殺して無理に進むと、

後で失敗だったことがわかる。

嫌な感じと失敗の規模は正比例する。

こちらは、怠け心を克服しての前進と、

区別がつきにくい。

 

不安の感覚が、両者を見分けるバロメーター。

作業に取り掛かかっても不安が消えないのが前者、

スッキリして心が軽くなるのが後者。

 

 ・・・私の場合ですが。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2014年

10月

02日

幸せな恋のために 3

 

 

 

 

 

 

 

 

 忙しい 

 

本当に忙しくてメールを打つ余裕も電話をする時間も無い・・・・

なんてことは実際あるでしょう。

でも、だから何週間も何ヶ月も連絡しない、逢わない、なんて、恋する資格無しです。 

移動中に一言のメッセージを打つだけでも、

大切なパートナーを安心させることは出ますし、

たとえ疲れきってデート中に爆睡したとしても、

そうまでして逢いたいんだ、と思えば、

相手は感謝こそすれ、不機嫌になったりはしないと思います。 

 

仕事と恋の情熱は、同じ星が受け持ちます。

バイタリティーのある人は、どんなに忙しく ても異性を遠ざけたりしません。 

忙しいから逢えない=仕事が出来ない、ということ。

 

それか言いにくいですが、あなたにあまり興味が無いのかも?

 

 

 

 

 

 

2014年

10月

01日

幸せな恋のために 2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

☆お前が悪い

 

 

お相手から、何度言っても悪いところを直さない、

と言われるケースがあります

別れ話は日常になり、

その割りにはスッパリとは別れません。

 

言われる側に全く問題が無いとは限りませんが、

自分のことをきれいにタナにあげ、

何でも相手のせいにする手口には、

独特な残酷さがあります。

 

お互いに惹かれあっている男女でも、

別々の親から生まれ別々の人生を歩み、

当然ながら性別もちがうのですから、

感覚、考え方、生活習慣の違いがあるのは当たり前です。

 

その違いを楽しんだり学びにしたりするのが、

お付き合いの面白さ・・・。

それをせずに相手だけを責めるのは、

自分が優位に立って

相手をコントロールしようとするからでしょう。

自信の無さの裏返しです。

そういうパートナーを持つ人も、

その時点では自信喪失しています。

要は共依存です。

 

それに気づいたら、

さっさと抜け出してくださいね。 

 

 

つづく

 

 

 

 

 

2014年

9月

28日

簡単落ち込み対策

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2006年12月6日

 

 

悩み事があったり落ち込んだりしていると、

姿勢がうつむき加減になり、

肋骨の間が狭まって肺を圧迫します。

すると呼吸は浅く速くなり、

ちゃんと酸素を吸入できなくなるので、

吐息をついて調整します。

吐く息の前には、

深呼吸をすることになりますので。

 

浅く早い呼吸の時は、

一見考えているようで思考は同じ所を堂々巡りし、

感情は落ち着かずイライラして、

益々混乱して行くばかりです。

吐息をつくほど参っている時は、

思考や感情のパターンを

変える必要があるかもしれません。

  

悩み事やあなたを弱らせている事態を一旦わきへ置き、

まず姿勢を正しましょう。

そしてゆったりとした腹式呼吸に切りかえましょう。

そうすると、ほらね?違った視点が。

 

関係ありませんが、

昔17年間家に居た猫は、

おねだりしても美味しいものを貰えない時、

この世の終わりのような吐息をつきました。

それがあんまり可愛くて、

時々ご馳走を ちょっとだけ待たせたりしましたっけ。

 

 

 

 

 

 

2014年

9月

25日

お別れの悲しみ

 

 

 

 

 

 

 

 

深い絆で繋がった人たちの誰かが亡くなると、 

残された方は悲しみでオーラが引きちぎれてしまうそうです。 

それが修復するには、平均で3年は掛かるということです。 

その辺りから、少しずつ現実を受け入れ、 

自分をなだめて行くことができるのかもしれません。

だからといって、悲しみが消えるわけではありません。

 

死に別れまで行かなくとも、

もう逢えない状態になってしまうのも胸が引き裂かれます。

やむを得ない事情で逢えなくなるのも辛いですが、

誤解やすれ違いも・・・辛いですね。

 

今までそこに居た人に、もう触れることができない・・・。

受け入れがたい感情です。人類の歴史が始まって以来、

お別れの悲しみに、いったい

どれ程の涙が流されて来たことでしょう!

 

しかし、深い関わりの者同士には、不測の事態や誤解、

死さえも乗り越え、尚変わらない絆があります。

  

 

 

 

 

 

2014年

9月

25日

あふれかえる情報

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ある先生が、

企業とタイアップしてお仕事をすることになり、

その企業から、営業と開拓の要請を受けた、

ということです。

 

その先生は、ナチュラルな感じの方で、 

これまで自然なご縁のみでお仕事をされて来られ、

営業活動など一度も考えたことが無かったそうです。

そして、それをしなければならないことが、

大変苦痛なのだそうです。

 

営業と考えず、ここに私が居ますよ、

ここで面白いことをやっていますよ、と、 

必要な方だけに知っていただく、

そんなお気持ちでいらっしゃれば

よいのではないでしょうか、

 と、申し上げました。

  

その先生は、

こんなこともおっしゃっていました。

世の中、ポジ・ポジ・ポジ、の情報が、

毎日怒涛のように発信されています。

それらは私を心から疲れさせます、

そんなことをしなければならいと思うと

鬱になりそうです、と。

  

怒涛のようなネガよりは

良いような気がしますが・・・。

私自身は、情報の海の中にいても

ポッカリ浮いていられるような星なので、

気にしたことはありませんでした。

なるほど、そういうこともあるんですね。 

 

時にはあふれかえる情報を遮断し、

のんびり緑でも見て過ごすのは、

現代人には必要かもしれません・・・

と、これもまた情報なのでした(^^;   

 

 

 

 

 

 

 

2014年

9月

24日

ぴったりのパートナーに出会うコツ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

過去の人が忘れられず、

あれ以上好きになれる人が現れるのだろうか、

と心配されている方、

大丈夫です!

どんなに良いと思っても、

合わない所があったからこそ

上手くいかなかったのです。 

その関わりで何かを学んだらそれで良し。

潔く吹っ切りましょう。

あなたにはもっとぴったりの人が居ます。

 

また、そうとう変わり者だったりで、

いったい私に合うお相手が居るのかしら、と思う方でも、 

見事にマッチするお相手がいますので、 

どうぞご安心ください!

私たちの宇宙は、

とてもバランスよくできています。 

後が無い、条件が良い、居ないと不安、

等の理由から

愛のない関係を続けようとするのは、

とてつもなく勿体ない事です!

パートナーは、

私たち自身が醸し出しているエネルギーに共鳴して

引き寄せられて来ます。

 

恋愛に限らず、

自分や自分の幸せを信じていると、

良い縁を引き寄せます。

幸せになると決めて本当の自分を大切にし、

今に感謝して人生を楽しむ。

それが大切です。

 

 

 

 

 

  

2014年

9月

12日

ふたつのリアリティー

 

 

 

 

 

 

 

 

横浜は穏やかなお天気になりました。

いつもと変わらない朝。

同じ時間、世の中には、

辛い思いをしている人が沢山いるんだな、

そのようなことを想ったりしています。

 

文明の機器のおかげで、今日本で、世界で

何が起きているか手に取るように

わかるようになりました。

一方、それらをリアルな感受性で受け取ることが

難しくなっているような気がします。

悲惨なことも、とんでもない事も、

日常化したり数字にすると、

意識の中でたちまち抽象化されてしまう。

 

そうならないよう、

真実と向き合っていたいと思います。

一方、今ここにある自分の平穏も真実です。

 

どちらもリアルに感じていたい、と思います。

 

 

 

 

 

 

 

2014年

9月

11日

言葉を理解する身体

 

 

 

 

 

 

 

 

2009年5月7日

 

肩が凝る、腰が張る、頭が痛い、胃が重い、だるい、等は

私たち大人が日常、普通に悩まされる症状です。

 

そんな時は、ぜひ身体に話しかけてみてください。

例えば肩凝りだったらこんな風に、です。

 

「肩、コリコリだね!

そんなになるまで

気が付いてあげられなくてごめんね。

いつもお仕事頑張ってくれて、ありがと。

もうわかったから肩の筋肉、ゆるめていいよ」

暫くすると肩凝りがマシになっています。

もちろん、揉む、体操する、お風呂に入る、

シップする等と併用ありです。

 

深刻な症状の時は

それどころじゃない気分なので飛ばしがちですが、

お医者様に診てもらうまでの間や

症状が落ち着いた後などに、

 

どうぞ試してみてください。原理は同じです。







2014年

9月

10日

ステラ流シンプルダイエット

 

 

 

 

 

 

 

 

2006年9月10日

 

ダイエットは女性の永遠のテーマ。

昔女性誌で占いコーナーを担当していた時、

ダイエットの特集がある度に

「12星座別成功するダイエット」

なんて記事を書かされましたっけ。

 

そのうちアイデアが出尽くし、

その時お仕事を手伝っていただいていた占い師さんと、

いろいろと意表をつくダイエット法を考案。

そうやって書いた自分の記事にまんまと騙され

「これ試してみよう!」

・・・おばかです。

 

その占い師さんは、『面倒なことは要らん。

金を掛ける必要もなし。

体重計と鉄の意志さえあれば理想体重を維持できる!』

という強い人。心から尊敬します。

 

私はといえば、

体重を維持する為の数々の好条件が重なり、

なかなか思うような体型になりません。

 

そこで自己暗示を使ってみることに。

反復は、ヒプノセラピーと似た効果があるのを利用します。

 

食事の前に

『私は体に必要なだけの量の食事を美味しくいただき、

いただいたものはきれいに消化されて

エネルギーになる』と言います。

他の人と一緒の時は心の中で。

たったこれだけです。

 

これを始めて今日で一週間。

1キロ落ちました。続けば素敵な秋が♪

 

意志の弱さに自信のある方は、

ぜひお試しください。

 

 

 

2014年9月10日


この手があったか。

自分で書いておいて忘れはてていました。


 

 

 

 

 

2014年

9月

09日

浮気心

 

 

 

 

 

 

 

 

2006年8月11日

 

ストレート・ヘアが似合う清楚な雰囲気のR子さん。

男性を惑わすタイプには見えません。

そんな彼女の相談は・・・

 

「長くお付き合いしているAさんは、

一緒にいて安心できる人。

自分らしくいられるんです。

このまま行けばたぶん結婚になります。

少し前に知り合ったB君は、

ちょっとフシギで何を考えてるかわからないコ。

いつも意表をつかれますが、

そこが面白くて離れられません。

個性がまったく違う二人で、両方大好き。

 

AさんはB君のことを知りませんが、

B君はAさんとのことを知ってます。

B君はAさんの話題を避けますが、

何か連想させるようなことがあると

機嫌が悪くなります。

Aさんも、このごろ何となく私のことを

疑ってるフシがあります。

 

こんなことは続けられないし、

どっちかに決めなくちゃ、と思うんですが、

決めきれません。どうしたら良いでしょう!」

というもの。

 

彼女の星を見ると、

安定を求める部分と

冒険を求める部分が両方あります。

それぞれの部分を

二人の男性が受け持っているわけです。

R子さんとしてはエネルギー的に

均衡が取れているのだと思いますが、

少なくとも男性たちの感情は複雑そう。

それを受けて彼女も揺れています。

 

いくつかの解決策があると思います。

 

1)Aさんと結婚し、冒険心は恋愛以外で満たす。

2)Bさんとお付き合いし(それ自体冒険)、

安定指向は他の事で満たす。

3)二人と別かれ、安心な所と危険な所、

両方持っている人を捜す。  

 

R子さんの場合、

B君が焦れて他の女性に気持ちを移したため、

じきに悩む必要はなくなりました。

でも、また冒険心が疼くと困るので、

そこを満たす趣味を勧めました。

R子さんは現在、

前から憧れていたセスナの免許に挑戦中です。






 

2014年

9月

06日

幸福の木

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2011年9月7日

 

古くからのお弟子さんの親友、Aちゃん。

親友の真似をして私を「シショウ」と呼んでいるうち、

タロットに興味を持つようになり

本当のお弟子さんになりました。

 

昔から、何かあるとステラに来てくれていた彼女ですが、

仕事を辞めた、と連絡があったのが夏の初め。

また見てください、とメールが入ったので、

てっきり次のお仕事の相談と思いきや・・・。

 

『例の彼が帰って来るって。

もう何処にも行かないって。

シショウ、入籍の日を見てください!』

と。その嬉しそうなこと。

 

例の彼、とは、

10年前、彼女を散々待たせ、何も約束せず、

置き去りにして悲しませた人です。

国防で責任のある立場にある為、

常にプライベートより仕事が優先になっていたのです。

その彼に何があったかわかりませんが、

仕事を変え、家庭を持って落ち着きたい、

と考えたようです。

そう決めた時、

彼女の側の他に帰りたい場所は無かったらしい。

 

Aちゃんは、オフでは癒し系ののんびり屋さんですが、

仕事はメチャメチャできる人。

彼女は、ここ何年か

仕事で大きなストレスを抱えていて、

震災もあり、

『もう仕事ばかりの人生は嫌、幸せになろ~』

と決めたのです。

その時点では「例の彼」への執着は無く、

『どこかにいい人居ないかなあ』などと言っていました。

 

オフィスの部屋には『幸福の木』が置いてあって、

掃除をする時、彼女は欠かさず葉っぱを拭いて、

話しかけていたそうです。

退職が決まってからは

『私、幸せになるわ、協力してね』と。

 

退職の当日、めったに花を咲かせないその木に、

見事な花が咲きました。

それを見に会社中の人が彼女の部屋を訪れ、

労いと感謝の言葉をかけて行ったそうです。

中にはこれまで彼女にいじわるをしていた人も居た、

ということです。

 

しばらくして、彼からの連絡と、プロポーズがありました。

 

Aちゃんが花の画像を送ってくれたので、

皆さんに幸せのお裾分けです。

幸福の木の花言葉は、幸福、幸せな恋、だそうです。

まるで、ブライダルブーケのようですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

2014年

9月

01日

ひと夏の恋

 

 

 

 

 

 

 

 

2007年7月28日

 

昔、若い方たちを対象とした

ファッションビルでお仕事をしていた頃は、

梅雨明けから初秋にかけ、この「ひと夏の恋」の

様々なストーリーを追体験しました。

大抵一目で季節限定と分かる相性なのですが・・・

だからこそ、二度は無いその時間が

愛おしいのかもしれません。

 

海や山、イベント会場などでの非日常な感覚が、

熱く脆い恋をさせるのでしょうね。

気難しい思春期を過ごした私には

そんな体験はありませんでしたが、

真夏の熱に浮かされたような恋をする

「妄想」は、大いにいたしました。

 

秋風が吹いて新学期が始まると同時に、

意識が日常に戻り、

恋も冷め・・・冷めない恋は悲恋に・・・。

 

今ステラのお客様は、

もう少し落ち着いた年代の方たちが中心になっています。

夏だからといって恋をするほど夏休みは長くなく、

あるいは子供が毎日家にいてヘトヘトで・・・とか、

いえもう年がら年中夏休みみたいなものです(定年後)とか。笑

 

時には熱い青春恋愛小説でも読んで

「あの」感覚を取り戻すのも悪くありませんね。

 

 

 

 

 

 

2014年

8月

31日

どんな望みが叶わないのか

 

 

 

 

 

 

 

 

ここの所横浜は秋の気配。

暑い暑いと言いながら過ごしても、

夏の終わりはやはり、どこか寂しいものがあります。

あう、今年は宇治金時を食べなかった。

まだ機会があるかな?

 

今日は、望んでも手に

入り難いものについて書いておきます。

遠回りせずに済みますので。

良かったら参考になさってみてください。

 

・補償 

自分に足りないと思っているものを、

物や他人で補おうとしたり、過去の失敗を補う等。

本当の自分は、

自分を条件無しで愛し認めて欲しいものなので、

の意思に背くと望が叶いません。

 

・実は欲しくないもの

周りが皆持っているから、とか、

誰かの為に、的な望みは、

どんなに必死なふりをしても、

本当は興味が無いので、

心のパワーが発動しません。

 

・不可能とわかっているもの

私たちの本質は無限ですが、

時間、肉体、個性、環境等の制限を選んで

こちらに生まれてきているため、

そこから大幅に逸脱した望みは、叶いません。

今回はそれではない、と知っているので。

 

・個別的過ぎるもの

望む対象を限定しすぎると、

現実的な都合のため、手に入らないことがあります。

鈴虫寺の和尚さんもそういってました。笑

 

・混乱

望み自体が混乱していると、

混乱した状況を引き寄せます。

 

・ネガ

強欲、虚栄、嫉妬、復讐心、虚無感等は、

ネガティブな感情がベースになっています。

望みは叶うかもしれませんが、

 

同時にネガティブな結末を引き寄せます。

 

 

 

 

 

2014年

8月

28日

独りになってみよう

 

 

 

 

 

 

 

 

2006年 8月2日

 

かわいいのに冴えない表情のK美さん。

そうとう疲れている様子です。

 

「今お付き合いしている彼と

合わない気がするんです。

いつもつまらないことでイライラしちゃって。

何度も別れようとしてるんですが、

好きだって言ってくれるし。

一人になるのは淋しいし、いい人だし。

私が我侭なんでしょうか、

それともやっぱり別れた方がいいですか?」

 

まず、別れられないのは

彼が離さないからではありません。

K美さんが決意しきれないから。

(女性の口から「いい人」のフレーズが出たら、

まず恋愛感情は無いとみて間違いありません)

 

相性を見ると、

恋愛の成立する部分がどこにもありません!

この彼が失恋癖のある人で、

フられるようなお相手ばかり好きになるのです。

どちらかというと、彼の方に本格的な癒しが必要かも。

 

K美さんは過去に大失恋をしていて、

立ち直りのプロセスを経ずに

今の彼に求められるまま

お付き合いを始めてしまいました。

勇気を出して一度しっかり一人になりましょう。

そして終わった恋から学ぶべきことを学び、

この彼に感謝を伝え、気持ちを切り替えて

本当の恋を見つけに行きましょう(o^-')b。

 

 

 

 

 

 

 

2014年

8月

25日

努力は要らない?

 

 

 

 

 

 

 

 

努力という言葉、

私はどうも好きになれません。

楽しくない作業を、

延々やらされるイメージだからです。 


でも、物事の達成には、

集中と継続が必要です。 

本当に必要なことは面白く、

面白いことには集中し、継続するので、 

努力の出る幕はありません。

 

集中や継続の苦手な部下や子供には、

叱るより、

それが必要な理由と、

達成の面白さを伝えるとよいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

2014年

8月

23日

あったらいいな

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2009年9月16日

 

あったらいいな、なったらいいな、

という望みを紙に書いて、

あとは忘れていると、

ホントに望が叶います。

宝地図の簡易版です。

 

これが好きな友人が居て、

我が家へ遊びに来る度紙と鉛筆を出さされ、

強制的にやらされます。

一緒にやらないとつまらないらしい(笑)。

 

これまで紙に書いたことはほぼ叶っています。

今回は特に欲しいものが無かったので、

まさかの「あったらいいな」を書いてみました。

でも、それは普通に考えたらかなり高価で、

私にはとても無理、というような物でした。

 

2か月後、

望んだものに近いものが手に入ることになりました。

身の丈に合った質素なバージョンですが、

「あったらいいな」の条件は完全に満たしています。

そんな都合の良い物がそんなお値段で市場に出回り、

誰の心も動かさなかったことが不思議でなりません。

 

潜在意識の力とも、ガイドさんの手助けとも言えますが

、何れにしても見事な展開です。

もちろん一番はじめに、

そのエクササイズを強要した友人に

事の成行きを報告しました。

 

友人は私以上に大興奮して喜んでくれ、

自分の望みを書き直したようです。

どうかそちらも上手く行きますように!

 

 

2014年の私から

 

実はこれ、ステラハウスの事でした。

後で不動産屋さんが、

大幅にお家賃を下げた瞬間に

私からのメールが入ったと言ってました。

魔法ですか!?と。ハイそうです。 

 

 

 

 

 

 

2014年

8月

21日

夜と霧~人は何を糧に生きるか











2007年1月30日

 

 

第2次大戦中、オーストリーの心理学者

フランクルが、

ユダヤ人であったためナチスにより

強制収容所に送られ、

そこで体験したことを書き記した

『夜と霧』は、

読む度に得るものがある一冊です。

 

フランクルは、魂の深部を見据えながら、

人工の地獄での人間模様を描写しています。

生きる自由を奪われた極限状況の中で、

人は何を糧にして生きるか。

我々が人生に何かを問うのではなく、

人生が我々に問いかけるのだ・・・

このようなことを、フランクルは言っています。

そして、明日生きているかどうかも

わからない状況の中ですら、

野の花や夕日の美しさに感動し

愛する人を想う。

そんなものが人を生かすのだとも。

 

これが少しずつ実感を持って

理解できるようになってきたのは、

やっと、このごろです。

 

私たち人間は、肉体の他に、

人生体験を刻印する

目に見えない「体」持っているのですが、

これを云々する学がアストロジー(占星術)です。

アストロジーの立場から言っても、

生きて体験し、体験を味わい、

知り、学び、気付くことは、何よりも大切です。

 


 

 

 

 

2014年

8月

18日

震災の後 3

 

 

 

 

 

 

 

 

2011年6月20日

 

私たちの暮らしは常に変化と隣合わせです。

気候も変われば地表も動く(特に我が国は!)。

体の中に宿った私たちの命は儚く、

その上欲深な人々が、

自然から、他者から、さらに多くを奪おうとします。

 

それらに気付かず、あるいは見ないふりをして

安穏な日々を送ろうとすれば、

いつか眠りを醒ます大きなショックを体験します。

そのいつか、が、20110311、だったということでしょう。

スピリチュアルな視点からすれば、

何にも変えがたい貴重な体験であったと思います。

 

そんなことをちゃんとわかっておく。

そしてその上で、幸せに生きる為に、

どう考え、何をしたら良いかを決める。

その部分は、一人一人の、全くの自由意志です。

 

震災後、家族のことや、家族を持つことを

真剣に考え始めた方が少なくありません。

また、被災された方々を想い、

心のこもった援助の手を差し伸べた方が、

沢山いらっしゃいます。

やりたいことを先延ばしにするのを止めた方もいれば、

原発問題等で、生きる上で何が大切かを真剣に考え、

一歩前へ踏み出した方たちもいます。

 

人生は、長さではなく、中身です。

脆く、変化があるからこそ、

面白味があるのだと思います。

少なくとも私たちのスピリットは、

それを選んでこの星に生まれてきています。

どのように最期を迎えるとしても、

与えられた命を生ききった!と清々しく迎えたいものです。

そんな心で歩む人生は、

一瞬先は闇?と怯えながら歩む人生より、

はるかに充実したものになると思うのです。

 

おしまい。

 

 

 

 

 

2014年

8月

17日

震災の後 2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2011年5月20日

 

きちんと心理学を学んだわけではないので

あくまでも経験的な立場からの物言いになりますが。

心的外傷後ストレス障害というのは、

心に強いショックを受けた部分が、

心の全体に受け入れられずシコリとなって隔離され、

心全体の機能に支障をきたすものとだと思います。

 

そもそも心とは、ポジティヴ、ネガティヴ、

様々な経験と感情を受け入れ、

ひろがって行く性質があります。

その一部に「シコリ」があると

心の自然な働きを止めてしまい

新しい経験の受け入れや、

日常的な問題の乗り越えが出来なくなります。

それは、心の全体が「その部分」を受け入れるまで続きます。

心は、その部分が、怖いくせに気になって仕方なく、

どうにかしてあげるまでストライキに入るのです。

 

ですから、どれ程受け入れ難い経験であっても、

いつかは向き合い、自分にとっての意味を

見つけてあげなければなりません。


まず、そんな状態であるのを気付いてあげます。

そして参っているのを受け入れる。

そこからゆっくり関わりましょう。

日記等で心の声を吐き出したり、

話しやすい人に話をするのも良いですね。

できそうだったら、一番怖いと思う問題に、

あえて飛び込んでみるのも良いかもしれません。

一人で乗り越えるのが難しければ、

訓練を受けたカウンセラーさんや、

心のトラブルの専門家に相談しましょう。

 

つづく

 

 

 

 

  

2014年

8月

15日

震災の後 1

 

 

 

 

 

 

 

 

2011年6月15日

 

2014年の私から。

あれから3年半・・・

むしろ、ご相談が増えている今日この頃です。

 

震災以来、直接被害に合われていなくても、

落ち付かない、怖い夢を見る、眠れない、先が不安だ、

訳も無く悲しい・・等訴える方が多くなっています。

それに、頭痛、眩暈、胸の圧迫感、等、

身体症状が伴うケースも。

個人的な生活では何も問題は無いのに、

あるいは、

これまで難なく乗り越えてきたような問題を前に、

動けなくなってしまっています。

 

これは、「心的外傷後ストレス障害」

というものではないかと思います。

震災直後は、あんなことがあった後だから、

とご自身も納得されていたのが、日が経つにつれ、

震災と心の状態を

関連付けにくくなってなっているのも、

事態を混乱させている原因の一つかもしれません。

 

震災とそれに続く原発事故。

これは、生き物としての私たちにとって、

存在不安を突きつけられる、

大事件だったのだと思います。

しかも地震はまた起きるかもしれず、

原発事故は収拾の目処が立ちません。

平和な国に生まれ、今日と同じように明日が、

未来が続いていくものと普通に思っていたものが、

根底から崩されたショック体験です。

 

今日に続いて明日がある、特に女性的な幸福は、

この感覚を土台として築かれます。

土台が無ければ、何処に立って良いかもわかりません。

愛、希望、夢、何もかも空しく感じられます。

 

つづく

 

 

 

 

 

 


 

 

 

2014年

8月

12日

ゴミは何を呼ぶのか

 

 

 

 

 

 

 

 


今朝の横浜はちょっと涼しいです。

このまま秋になってくれ!

と思うのは私だけではないでしょう。

 

ともあれ12星座シリーズを終え、

6年来の胸のつかえが降りました(オーバー)。

ホッとしたところで、軽い記事を。

ステラの右手の、道から降りる階段付近、

風通し良く心地よい木陰があったりで、

良い季節になると、道行く人々が階段に腰かけ、

一服したり、おやつを食べます。時々お行儀の悪い人が、

吸い殻や菓子袋やぺットボトルを捨てて行きます。

 

うっかりそのままにしておくと、

ここは散らかして良いんだ♪

とばかりにたちまちゴミだらけに。

きれいにしておくと、

皆さん持ち帰ってくださいます。

ゴミはゴミを呼ぶ(笑)。

 

これって、心の中もきっと同じですよね。

 


 

 

 

 

 

2014年

6月

15日

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

元町本通り側から外人墓地の方を見ると、

外人墓地の緑は森に見えます。

ここへ来て22年になりますが、

樹々が成長したのですね。

その優しいエネルギーに守られ、

毎日仕事をしています。

 

4丁目に拠点がありながら

小さな古い店を手放せないのは、

このためだと思います。

友人から、資料館へと抜ける市道側から

店を撮った画想をもらいました。

雨上がりの夕方で、なんか雰囲気出てます。

手前の樹は階段の右手に自生したもので、

一度、奥の店(その店はもうありません)

の人に伐採されましたが、

ひこ生えからまた大きく育ちました。

切られたのはどの位前だったろう・・・

時間の感覚が植物並になっています。

ご予約制にしてからお客様が

長時間外で待つことは無くなりましたが、

それでも真夏は

ちょこっと木陰があった方がうれしいです。

生きていてくれて、ありがとね。