2016年

1月

04日

太陽星座別2016年の運勢

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

みなさま、あけましておめでとうございます。
本年もステラをよろしくおねがいします。
今日お仕事初めの方は多いでしょうね。
年末年始にお仕事されていた方は、
お疲れさまでした!
本当に真面目で優しい日本の人たち。
私はこの国に生まれてよかったです。
それでは、2016年、
太陽星座別運勢をお届けします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

★おひつじ座
全般的に落ち着いた運勢です。
コツコツと土台つくりをする年。
走っていることの好きなおひつじ座さんには、
けっこう試練かもしれませんね。
9月中旬からはエネルギーが上がりますので、
それまでの努力が実を結ぶ方向へ。
4月5日~9日あたりの生まれの方は、
今無理に結果を求めないこと。
努力は必ず報われます。

★おうし座
プレッシャーが外れた上にチャンスの星が入り、
絶好調のおうし座さんです。
ただし、幸運期は9月上旬まで。
特に、5月5日から19日の生まれの方は、
大発展運になります!
思ってから行動に移すのに
少々時間がかかるおうし座さんは、
巻き気味で行きましょう。
そして、秋冬、急に失速しないよう注意です。

★ふたご座
年間を通して制限がかかる運勢です。
ただ、5月27日より前の生まれの方は、
解放感があるでしょう。
9月10日以降は、

これまで耐えてきたことに対し
ご褒美のような展開がありますよ。
ゆっくり目な展開なのと、
見通しが立ちにくい傾向にありますが。
わからなくなったら立ち止まり、
焦らず慎重に行ってください。

★かに座
穏やかな発展運です。
9月10日までは物事が順調に進み、
その後は、若干気が緩みがちです。
悪い運気なわけではないのですが。
何かを始めた方は、
中途で手放さないように。
7月5日~17日当たりの生まれの方は、
突発的な乱気流に巻きもまれやすいので、
注意してくださいね。
じっとしていれば通り過ぎます。

★しし座
派手さはありませんが、
邪魔や躓きが一切なく、
これまでの努力が実る年です。
9月10日以降は、安定した発展運に。
新しいことを計画、実行するのに最適です。
8月8日~19日の生まれの方は、
秋冬、思いがげないチャンスが
到来する可能性があります。
見逃さないように!

★おとめ座
秋までは、発展運でありながら、
問題あり、不安あり、という、複雑な運勢です。
トータルでは、モヤモヤ感の方が大きいかも。
幸運の星が抜ける9月10日以降は、
シンプルな低迷運なので、
かえってわかりやすいかもしれません。
無理をせず、考えすぎず、
小さな楽しみを見つけ行ってください。
8月29日までの生まれの方は、
開放感があるでしょう。

★てんびん座
9月10日以降、大発展運になります。
心の準備はよろしいですか?
発展運は、使わなければ
そのままになることがあります。
ただし、10月6日~18日生まれの方は、
思わぬアクシデントに見舞われたり、
過去から引き継がれた問題に
惑わされたりしがちです。
取るべき行動をしっかり見極め、
自信を持って前進してください。

★さそり座
9月10日までは、穏やかな発展運です。
どちらかというと、内面的なことへ
関心が向くようです。
何か計画されている方は、
9月10日までに実行を。
その後はきっかけを失いそう。
10月30日~11月10日の生まれの方は、
ヴィジョンや推進力の後押しがあり、
物事が想像以上に上手く行く模様。

★いて座
試練の年です。
ここで頑張ったことは、
大きな成長と発展をもたらします。
いて座さん持ち前の明るさで
乗り切ってください。
また、困った時のひらめきが
人生を大きく変える可能性もあります。
9月10日以降は、かなり楽になるはず。
中にはブレイクスルーを起こす方もあるかと。
12月28日までの生まれの方は、
開放感があるでしょう。

★やぎ座
9月10日まで発展運です。
長年の夢が叶う時。
石橋を叩き過ぎのやぎ座さん、
このチャンスを逃さないように!
その後は若干拍子抜けになるかも。
これまでに作ってきた人間関係が
あなたの強い味方です。
1月5日から17日の生まれの方は、
強制終了させる物事もありそうです。
身軽になる程運は上がります。
勇気をもって挑んでください。

★みずがめ座
大発展運です。
苦しい時も休まずに頑張ってきた何かが、
秋冬、思いがけない形で
花開くことでしょう。
人との出会いにも恵まれます。
余力があれば、
周囲の手助けが必要な方に、
あなたの幸運を分けてあげてください。
2月3日から15日生まれの方は、
飛躍の幅が巨大です。

★うお座
低迷期です。
長期的な見通しが立ちにくく、不安が多そう。
直観に逆らった行動は起こささず、
過度な自己犠牲を避け、
のんびりできる時を確保してください。
親し人と目に見えない存在が、
あなたを助けてくれるはずです。
2月25日生まれまでの方は、
つらい時が終わり、
普通なことの幸せを実感しそう。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
いろいろあってもなくても
みなさまにとって、素敵な年でありますように!

 

 

 

 

 

2016年

1月

01日

 2016年の星の動き

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、恒例になりました「星の動き」です。

 

2016年、幸運の星木星は、
おとめ座を通過した後、
9月10日にてんびん座に移動します。
出生時、おうし座、おとめ座、やぎ座に
主な星がある方は、秋までに
できるだけのことをやっておきましょう。
ただし、おとめ座に限っては、
いて座通過中の土星の影響で、
思った通りに行かないことも・・・
秋からは、てんびん座、みずがめ座、
ふたご座に星のある方たちの、
チャンスになります。


制限の星土星は、
2016年中、ずっといて座を通過しています。
出生時、いて座、うお座、ふたご座、おとめ座に
主な星のある方は、
制限を受け、忍耐や努力の継続を
強いられることになるでしょう。
不安から行動を起こさないよう注意です。

変化の星天王星は、
おひつじ座、16度~24度を行ったり来たり。
強制的な変化の波の飲まれやすいのは、
おひつじ座、かに座、てんびん座、やぎ座の
このあたりに星のある方たちです。
恩恵を受けるのは、
いて座、しし座になります。
ただし、いて座は、土星の影響で、
変化のための準備期間となります。

理想と幻想の星海王星は、
お座7度~12度を移動中。
うお座、ふたご座、おとめ座、いて座の
このあたりに星のある方は、
いて座通過中の土星とのダブルパンチで、
モヤモヤ感が強いかもしれません。

運命の星冥王星は、
おひつじ座15度~17度を通過中。
出生時、おひつじ座、かに座、てんびん座、やぎ座の
このあたりに星がある方は、
見えない壁に突き当たるような、

重苦しい感覚があるでしょう。
いて座、しし座15度~17度にとっては、
長年の夢を叶える
きかっけになるかもしれません。

次の記事は、12星座別2016年の運勢です。

 

 

 

 

 

 

 

2015年

11月

10日

サターンリターン~虚しさの訳












2007年4月6日

土星は、約29年で黄道を一周します。

誰にとっても、生まれた時の土星の位置に

約29年後には天空の土星が戻ってきて重なります。

これを、サターンリターンと呼びます。

土星の働き」のところで書きましたが、

土星は、厳しさによって人を育てます。

出生時の太陽、月、水星、金星、火星等に

天空の土星が掛かる時は、

それらの星が受け持つ分野で、

苦しさが増すように感じられるでしょう。

では、土星に土星が掛かった時は?

純粋に、身が引き締まるような感覚があります

女性にとって29歳というと、

仕事を充実させるか結婚を考えるかしなくては・・・

といったお年頃でもあるようで、

不安顔で相談にみえる方が多くいらっしゃいます。

サターンリターンと社会通念の相乗効果でしょうか。

しかしよくお話を伺ってみると、

取り立てて悩む必要がないことも。

中には29歳前後でパートナーを決め、

結婚に踏み切る方もあるでしょう。

また、思い切った方向転換をされる方もあるかもしれません。

そんな友人たちを見て、

急に不安になるお嬢さんたちがいらっしゃるのでしょうね。


サターンリターンは、
これまでの生き方を振り返り、軌道修正し、

これからのことを考え直す良いきっかけになると思います。

けれど、結婚、転職、起業等のタイミングは、人それぞれです。

土星のプレッシャーだけで何かしようとしてもうまく行きません。

あなたにはあなただけのラッキーなタイミングがあります









2015年

11月

03日

虚しさのわけ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

片えくぼが可愛らしいYさんは、

才能とチャンスに恵まれ、 

それらを生かす努力のできる方。 

客観的に見て成功者の部類に入ると思います。 

私生活でも、優しい旦那様と元気なお子さんに恵まれ、 

持っていないものは何もないように見えます。 

 

ところがこのYさん、 

何を手に入れ、何を達成しても虚しく感じ、 

もっと、もっと頑張らなくては、と思うのだそうです。 

その焦燥感にかられ、

一生懸命勉強し、大学に入り、就職し、資格試験にパスし、

専門職に就く一方、 

会社の上司であった今のご主人とお付き合い
→結婚→出産。

  

幸せなはずなのに、焦燥感は一向に収まりません。

は、二人目のお子さんを持つべく

「努力して」いらっしゃいますが、 

出来たとして、気持ちは満たされない気がする、 

何かがおかしいと気付き、ステラを訪れました。

私は欲が深いんでしょうか・・・と。 

 

ホロスコープを見ると、 

お母さんとの関係に問題がありそうです。 

ヒアリングをして行きます。

 

Yさんは幼い頃、お母さんの厳しい教育の為、

叱られたことはあっても褒められたことが無く、

ありのままでは価値のない私、という

自分像を持ってしまいました。

その無価値観こそ、

長い間、Yさんを苦しめていたものの正体でした。

 

「あなたは、あなたというだけで価値があります。

そのままでいいんですよ」

その言葉を聞いたYさんは、号泣されました。


「でも、厳しい母のおかげで、

天職に付き、良い旦那と可愛い子供に恵まれました。

だって私は筋金入りの怠け者みたいだから。笑。

今は感謝しかないんです」

暫くして、再びステラにいらしたYさんは、

そのようにおっしゃっていました。

  

きつい縛りを通して真の解放を体験する可能性は、

Yさんの星に、しっかりと出ています。
お母さんとの縁も、偶然では無かったんですね。

 

 

 

 

 

 

 

2015年

10月

04日

約束は果たされず・・・水星の逆行














少し前に、星の逆行についての記事を書いたためか、
逆行について、多くご質問をいただきました。

逆行とは、太陽系の星を地球から見て、

黄道を逆向きに走るように見える動きのことです。

西洋占星術で使う10個の星のうち、

太陽と月以外、みな逆行する時期がありますが、

逆行中は、それぞれの星の意味が、
弱められたり歪められたりしやすくなります。

 
現在、水星が逆行していまして、
少し星に興味のある方は、ご存知のようですね。

 

水星は、情報を司っています。 

そのため水星の逆行は、物事を混乱させます

 

約束は果たされず、

メッセージは伝わらず、データは消え、

この時期にした登録や契約は、
後でやり直しや破棄に。

通信機器の新調をすれば、不具合が生じます。

 

もちろん全てではありません。
影響を受けやすい人や状況があります。

時には無くし物が出たり、
過去のミスが訂正されたり、も。

 

ただし、それだけのことで、

然程悪い意味はありませんので、

 

恐れることは無いでしょう。 

むしろ、決意しかねる契約などは、

あえてこの時期にするのもありかと。

 

結婚を迷っているそこのあなた、 

逆行中に入籍しては?

…とはさすがに言えませんが。苦笑








 

2015年

9月

17日

ホロスコープの中のプレゼント












どの人のホロスコープの中にも、

その人に最も相応しいプレゼントが隠されています。

必ずしも「豪華商品」とは限りませんが、

必ず、あります。

 

この春、親の家の片付けをしいて、

30年以上探し続けていた母子手帳を見つけました。

出生時間がわかると、

スピリットの特徴や歴史、課題など、

深淵な情報を引き出すことが出来ます。

早く読んでしまうのが勿体なくて、

半年かけ、楽しみながらセルフリーディングしました。

 

1日早く生まれていればカリスマだったのに・・

数分早く生まれていれば華やかな人生だったのに・・

と、色々と残念な結果ではありましたが笑、

一つ、素晴らしいプレゼントを発見しました。

それは、「純粋な思考」です。

 

我が強く、チヤホヤされて付け上がれば、

スピリットの退化は免れ得ません。

そんな私にとって、これは最良のプレゼントです。

 

上手くできているものだなあ、と思いました。








2015年

9月

10日

逆行の人











占星術は、太陽系の惑星を、地球から見ています。

地球から見た惑星は、太陽から見た場合と違い、

一見、惑星が逆行するような動きをすることがあります。

そしてこれは、占星術では

意味のあることとして捉えられています。

  

惑星が逆行すると、

その惑星の本来の意味が、弱められたり、 

特殊な出方をしたりするようです。

 

また、出生時、多くの惑星が逆行していた人は、

アウトサイダーになりやすいとか。

  

私は、5つの逆行星を持っています。 

占い師というだけで、

社会的にアウトサイダーですが、

占い師の中でもアウトサイダーかもしれません。

あなたはいかがでしょう?








 

2015年

6月

04日

星のメッセージと運命









2007年11月7日


サビアン占星学で、

人生の到達点を見る技法があります。

亡くなった方や、既に晩年だろう、

という方を中心に検証し、

これは使えるのではないかと判断しています。

 

リーディングの結果は、

当然幸福なものばかりではありません。

 

師匠のN先生に、

これは「克服点」という見方はできませんか?

と質問すると、

いや、そう成るんだよ、とつれないお答え。

 

サビアンを学んでいると、

次第に運命論に傾きがちですが、

私は、これには抵抗したいのです。

人は学びの為に生まれてきます。

学びがあるということは、

人は変わり得るということですし、

人が変われば人生も変わります。

 

 

ある有名な霊的指導者が、

石に躓いて転んだ人を指して

「ごらん、あれが占星学だ」

その人が悪態をつき、

それに興奮した犬に噛みつかれるのを見て

「そしてあれが自由意志だ」

と言った話は有名です。










2015年

5月

02日

 相思相愛運













サビアンの授業で新しい研究テーマをテスト中、

N先生がのんきな口調で

「佐藤君、今相思相愛運てるねえ。強力なの。

・・・どうなの~?」と。

「恋愛、ですか~???」

何だろう・・・。

あ、子猫だ!と思い当りました。


外人墓地で拾った生まれたての子猫が、

可愛くて可愛くて、

早く里親さんを探さなければいけないのに

全然出来ずにいます。

お別れを考えると悲しすぎて・・・。

今まで仔猫を何十匹も育てては
里子に出してきたのに、

こんなに手放しがたい子は初めてです。


星のエネルギーは、

その人に合った物語を創る。

面白いな、と思いました。
(受け取る状態にない場合、
運は目的を逸らす、
と言い換えることもできますが)

 

現在この子は9歳。

貰われて行った先でご飯を食べず、

結局家に戻りました。

毎晩腕枕で眠っています。








 

2015年

4月

11日

サビアンシンボルと海王星













サビアンシンボルという占星術を

聞いたことがある方もあるかもしれません。

星の度数一度一度に意味があり、

それを色々な計算式で

リーディングするものです。

 

そのサビアンでは、ふたご座の8度は、

危険な度数の一つとしてとしてマークされます。

ネガティヴな想念が入り込みやすく、

不確定な情報に翻弄されたり、

将来を思い煩ったり、

身に覚えのないことで

攻撃を受けたりしやすいポイントです。

(それでスピリットが何かを学ぶのですが)

 

出生時にこの度数を持っているからといって、

即ネガティヴな人生になるかというと、

そんなことも無いのですが。


現在ここに90度の角度で、

海王星が通過中です。

海王星は、ネガティブに出ると、

混乱や失望を招く星です。

そこへ、年末に向け、

苦難の星、土星が180度に接近中です。

ふたご、おとめ、いて、うお座の7~9度に

主要な星のある方たちは、

かなり影響を受けていらっしゃるように

見受けられます。

また、身近な人がこの度数を持っていても、

間接的に影響を受けるでしょう。

16年3月までそんな状況です。

 

思い当たる方がいらっしゃったら、

その感情や思考、トラブルが

どこから生じているか

見極めてみてください。

リラックスして良く考えると、

悩むほどのことではない場合があります。

 

『ステラへ行かなきゃ!』

と思っていらっしゃる方の中には、

本当はそうでも無い方が

いらっしゃるかもしれません。





 

2015年

4月

08日

 地震予測










気象や地震を予測する

占星術があります。

ある条件が重なるとこうなりやすい、

というもので、確実性は無く、

事後検証にしかならないのですが。

(占星術そのものがそういうものです)
 

昨日レッスンで、

地震をテーマに取り上げ、

生徒さんと一緒にリーディングしました。

日本の出生図・首都春分図、両方に、

いくつかの兆候が出ていました。
 

大きめの揺れに慣れてしまい、

地震学者の度重なる警告も

聞き流す癖が付いた私たち。

そうしなければ生きていけない

地震列島でもありますが・・・
 

改めて気持ちを引き締める、

良い機会になったと思います。












2015年

3月

24日

 出生図とは何か 2











占星術では、出生図、つまり、

生まれた時の星の配置図が、

性格と運勢を決定する、とされています。

とすると、人は、生まれた瞬間に、

この人生での性格と運勢が

決まるのでしょうか?


では、その出生図に、

環境的な条件や父母との縁、

遺伝的要素等が表れるのは

なぜなのでしょう。

これらは、赤ちゃんが生まれる前から

決定付けられているものです。


それ故スピリットは、

地球のある場所のある瞬間を

狙って生まれることで、

今回の人生のシナリオを創る、

と考えた方が自然です。

誕生の瞬間は、偶然ではないのです。

そのようなシナリオを創る理由は・・・?


どうやらどのスピリットにも、

ぜひ今回の人生で体験したいと思っている、

ある種の「こだわり」があって、そうするようなのです

 

その「こだわり」を、スピリットは

いったいどこから持ち込むのか?

 

出生図を研究して行くと、

そこにある情報は、

必ずしも今回の人生のものだけでは

ないのではないか、

という疑問が出てきます。

 

仮説ですが、出生図は、

実は(複数の)前世から受け継いだ

人生の印象、そして課題集、
と言えるのではないかと思うのです。






 

0 コメント

2015年

3月

23日

出生図とは何か 1

 

 

 

 

 

 

 

 

『あなた自身の考え方が全てを引き寄せる 

だからポジティヴになれば幸せになる』

というのが、いわゆる成功哲学と

言われるものです。

 

確かにその通りです。

でも、考え方をポジティブにするのって、 

もともとポジティブな人以外、

案外難しいのではないでしょうか。

 

それとタイミング。

成功哲学の法則通りなら、

望めばどんな夢もすぐに叶うはずなのに、

そうは行かないことも。

なぜなのでしょう。

 

それに、戦争や災害等に巻き込まれるのって、

その人がネガティブだからでしょうか?
ちがいますよね。
病気や事故は・・・?

 

個人の考え方は、出生図に表れます。

それが実体験に直結することも事実です。
しかし、人生で様々な困難に見舞われる中で、
その原因が、考え方の問題ばかりとは
言い難い場合があります。

 

人は生まれて来る時に、

自分自身に、あえて内から外から

様々な制限が掛かるように設定して来ます。

私たちの本質は制限の無い存在ですから、

わざわざ制限を設けることに

意味のないはずがありません。

私は出生図に表れるこれらの「制限」を、

 

気付きや癒し、成長や浄化のための

チャンスと捉えています。

 

 

つづく

  

 

 

2015年

3月

17日

母子手帳














親の家を片付けていたら、

占星術を学んで以来ずっと・・
つまり32年ほど探し続けていた
母子手帳が出てきました。

これで正確な出生時刻による
ホロスロコープが作成できます。
星読みにとって、これは何より嬉しいこと。
重要書類や宝飾品など、

他にもいろいろ、
出てこないものがあるのですが、
もうどうでもよくなりました。笑





 

2015年

3月

16日

 誕生日の意味










ご自身のお誕生日に、

これから1年の過ごし方を

占いに来る方があります。

 

これ、実はとても

理に適っているんですよね。

 

占星術的に見た誕生日とは、

生まれた日の太陽と同じ位置に

黄道上の太陽が巡って来る日のことです。

太陽はエゴを表しますので、

一年中で一番、
エゴ=自分自身の問題、が

クローズアップされる日、と言えるのです。

誕生日とは、

甘やかされるための日ではなく、

本来は、周囲への感謝と共に

来し方行く末のことを、

胸に手を当て、

静かに考える日なのかもしれません。








2015年

2月

10日

12星座別ストレス解消法











2007年4月22日


ストレスが溜まれば

おかしくなるのは自然なこと。

しかたありません。

そんな時に
何をどうすると解消できるかというと、

生まれた時の太陽が入っている星座
(いわゆる何座生まれ)

が意味することをするのが一番です。

ちょっと書いてみましょう。

おひつじ座:言いたい事を言う、したいことをする、 勝負する

 

おうし座:おいしいものを食べる、お買い物をする、歌う

 

ふたご座:おしゃべりをする、ネットサーフィン、新しいことを始める

 

かに座:家でまったりする、子供や動物と遊ぶ、食べる

 

しし座:遊ぶ、派手なことをする、褒めてもらう

 

おとめ座:片付ける、書く、愚痴を言う

 

てんびん座:人に逢う、アートに触れる、恋をするもしくは語る

 

さそり座:何かにのめり込む、飲む、黙る

 

いて座:身体を動かす、遠くへ行く、勉強する

 

やぎ座:仕事をする、無駄を見直す、ルールを作る

 

みずがめ座:何かを創る、変わったことをする、古いものを捨てる

魚座:一人になってボーっとする、お風呂に入る、寝る

 

如何でしょう~?

ちなみに生まれた時の

月の入っている星座が表すことは、

ストレス発散法として無意識にやっています。







 

2015年

2月

06日

ひとつながり 2 人生は変えられるか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人生は変えられるんですか?

ホロスコープには宿命が出ているのでは?

というご質問について。

 

人生は、ある程度変えられます。

ある程度、というのは、

誰でも自分で人生の学習課題を決めてきていて、

その部分は変えることが出来ません。

変えられるのは、物事の捉え方の部分です。

 

ホロスコープには、学習課題と共に、

その方の、生き方の癖が現れています。
物事の捉え方の癖です。

捉え方は環境を選び、行動を決定し、

結果に結び付けます。

良いものなら伸ばし、

あなたの人生を邪魔するものなら、

手放したり、変えたりすることで、

人生の多くの部分を変えることができます。

 

そのための強力なツールのひとつが

ヒプノセラピーです。







 

 

 

 

 

 

 

 

2015年

2月

05日

ひとつながり











例えば恋愛。


出生データがあれば、

どのような人を好きになりやすいかが、

あらかじめわかります。

 

気になるお相手がいる場合、

お相手の出生データが無くても、

その方にとって今がどんな時で、

どのような相性の方を

好きになっているかも、殆どわかります。

 

その方の持って生まれたものと

タイミングとで、

出会いの中身が推察できるのです。

ホロスコープを作りながらお話を伺う間に、

実は、結論が出てしまっていることも

少なくありません。

 

『恋愛は苦しい』と思い込んでいる方は、

苦しい時期に苦しい恋愛を、

『恋愛は楽しい』と思っている方は、

楽しい時期に楽しい恋愛を始めます。

 

私たちは普段、一人一人

独立した固体として存在していて、

外の世界や他の人たちは

私たちとは別個に存在する、

と思って暮らしています。

しかし本当のところは、

それらと自分自身とは、

切り離すことのできない
ひとつながりの存在です。


現実を変えたければ、
自分が変わるのが
一番近道なのは、その為です。

あなた人生を、変えたいですか?

つづく










 



2015年

2月

01日

占星術は統計学か











2008年5月5日

 


占星術は統計学だから
ある程度信頼できる、

と言った方がありましたが、

占星術は、統計学ではありません。


そもそも、星を読む作業は、
一種のアートである部分が多く、
統計学とは相容れません。

では、何なのでしょう。
私自身は、占星術とは、
通常の思考を越える、
実在の認識法ではないかと思っています。

 

ホロスコープは、超意識と意識、

双方が均衡の状態に無いと巧く読めません。

占星術師は、
ホロスコープを読みながら

脳の特殊な使い方を訓練することになり、

その訓練された脳で、

星の読み方や意味を

少しずつ開拓して行くようなのです。


その認識法は、もしかしたら、

「未来からの記憶」であると同時に

「既に知っていることを思い出す」

作業かもしれません。

占星術の全貌を「思い出した」時、

私たちは時間と分離の感覚から解放され、

占星術を必要としなくなるはずです。







2015年

1月

01日

2015年の運気 2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2015年の運勢 2

 

みなさま、あけましておめでとうございます。

今年もよろしくお願い申しあげます。

恒例の、太陽星座の占い2015です。

 

 

 

☆おひつじ

 

おひつじ座の浅い度数に太陽のある方は、

落ち着いた年になりそうです。

真ん中から後半に太陽のある方は 

8月上旬までが幸運期です。

ただし真ん中生まれの方は、

全体的に不安定ですので、

無理をしないでください。


 

☆おうし

 

8月中旬からがラッキー。

真ん中位までの生まれの方は、

今年中に良いことがありそう。

おうし座の最期の方に太陽のある方は、

9月下末までは耐え忍ぶ時です 

その後ご褒美が。

 

 

☆ふたご


ふたご座の最初の方に星がある方は、

考え過ぎて落ち込みやすい時。
相談に乗ってくれる人を確保してください。

その他の方は、8月中人までは、 

穏やかな良い時期になります。 

それ以降は、自暴自棄にならないように。

 

 

☆かに

 

8月中旬から、穏やかな幸運期に入り、

日常を楽しめます。

ただし真ん中あたりに太陽のある方は、
思い通りに行かないことも・・・。

アクシデントに注意してください。

 

 

☆しし

 

しし座前半に星のある方は、

2014年の成果が。

中半から後半に太陽のある方は、

8月上旬までに、幸運を使い切ってください。

ただし、しし座の最後に太陽のある方は、

今はまだ忍耐の時です。
忘れた頃に良いことがありそう。

 

 

☆おとめ

 

8月中旬から、本格的な幸運期です。

但し、最初の方のおとめ座さんは、

むしろ辛い事や良く分からないことに

悩まされそう。

後に必ず解決しますので、

焦らないようにしてください。

 

 

☆てんびん

 

8月上旬までは、はまあまあの運気。

その後やや失速します。

干渉やパワハラを引き寄せやすいので注意。
自分の意志は貫いてください。

急展開は出来るだけ避けてください。

友人やパートナーに助けられます。

 

 

☆さそり

 

8月上旬までは、頑張りの空回り感が。

のん気に過ごす方が得かもしれません。

それ以降は、歯車が噛み合ってきます。

さそり座の最後の方の方は、

9月いっぱいまでは運気が抑えられます。

8月前後、ヤケを起こさないように!

 

 

☆いて

 

いて座の最初の方の生まれの方は、

現実の厳しさに向き合う時期。
持ち前の明るさで乗り切ってください。

ただし妄想しすぎないよう注意です。

その他の方は大変ラッキーです。、

8月上旬まで

やれるだけのことをやりましょう。

  

 

☆やぎ

 

8月中旬より、幸運期に入ります。

重石が取れたように感じるでしょう。

ただし、真ん中あたりの生まれの方は、

方向が逸れやすく、

思わぬ邪魔も入りやすいので、

常に現在地と目的地の確認、修正を。

 

 

☆みずがめ

 

一番普通な運勢かもしれません。

8月半ばまではやや煽られ気味。

その後は可もなく不可もなく。

みずがめ座の最後の方に太陽がある方は、

9月一杯まではじっと我慢です。

 

 

☆うお

 

うお座の最初の方に太陽のある方は、

困惑や孤独感が強くなる時です。

安らげる場所を確保してください。

8月中旬より、

まあいっか感が出て、

少し楽になるかもしれません。

その他のうお座の方は、
8月中旬からの誘惑に乗らないように。

 

 

 

 

 

2014年

12月

31日

2015年の運勢 1












2015年の運勢

 

・主な惑星の影響

 

☆木星

現在しし座にある木星は、

2015年前半しし座を進行し、

8月11日、おとめ座に移動します。

出生時、火象サイン

(おひつじ、しし、いて)に星のある方は

8月中旬まで勢いがあります。

その後地象サイン(おうし、おとめ、やぎ)

に星のある方の運勢が上昇します。

 

☆土星

2014年12月23日、

さそり座からいて座に入った土星は、

2015年中、いて座の浅い度数と

さそり座の深い度数を行き来します。

そのため、出生時に固定宮

(おうし、しし、さそり、みずがめ)の

深い度数と、ミュータブル

(ふたご、おとめ、いて、うお)の

浅い度数に主な星のある方は、

物事が滞りがちで、

ストレスフルな一年となりそうです。

 

☆天王星と冥王星

2015年、星座移動はありません。

天王星がおひつじ座12度~20度を行き来、

冥王星がやぎ座13度~14度を往来。

天空でタイトにスクエア(90度)を作る

1月~4月上旬は、出生時に

(おひつじ、かに、てんびん、やぎ)

の12度~14度に星のある方は、

2014年に引き続き、要注意です。

 

 

 

☆海王星

海王星の本来の座であるうお座の、

5度~9度を進行中。

スクエア構造を進行中の土星の影響を受け、

出生時、ミュータブル

(ふたご、おとめ、いて、うお)の、

1デーク(10度まで)に星のある方は

警戒モードです。


各太陽星座の運勢は、明日あげます。

 

 

 

 

2014年

12月

13日

人生の台本 3











2006年10月30日

 

 

占星術の知識があると、

あらかじめ自分の人生の

おおざっぱな筋書を把握することができます。

 

しかし、筋書があらかじめ解っていれば

困難な場面を回避できるかというと、

必ずしもそうではありません。

 

私たち人間は皆、

経験を通して成長することを

楽しみにして生まれてきているので、

占い師だろうが宗教家だろうが、

筋書に嵌らなくては意味が無いのです。

 

ただ、星を読む者は、

「演技」に没頭する自分を

客観的に見る視点を持つことができます。

学ばれている内容もわかりますし、

その先の見通しも効きます。

 

ですから、同じ嵌るにしても、

筋書に添った思考や感情に、

無防備に飲み込まれずに済みます。

自分が舞台に立った役者であることを

理解しているからです。

 

ステラにいらっしゃる方々には、
その情報をお分けします。

体験に振り回されず、受け止め、

それをプレゼントと感じられるような視点を
持っていただくことが出来るのではないでしょうか。

 

いずれ舞台がはねて肉体を離れれば、

私たちは皆、素(スピリット)に戻って

お互いの「演技」を称え合います。







 

2014年

12月

12日

人生の台本 2











2006年10月29日


人生には、台本があります。

大筋の流れがあって、

中に寸劇のようなものがたくさん挟まれています。

私たち人間は、その筋から外れないように

順を追って演技をして行きます。

そしてその時々の体験に感情移入し、

それを味わい尽くすことを望んでいます。

 

・筋書

台本があることは
生まれる前から知っているのですが、

生まれる時にすっかり忘れるように出来ています。

それでこそ、その時々に起こる
現実の出来事に集中でき、

ことの成り行きに一喜一憂できるのです。

 

では、その台本は寸分の狂いも無く演じられ、

結末も決まっているのかというと?

それが、そうでもないようなのです。

決まっている部分は、何をどう学ぶかです。

その他枝葉の部分は、案外アドリブが効くようです。

そして、良く学ぶことが出来れば、

筋書そのものも、ある程度変わるようです。

 

・配役

ご縁の強いスピリット同士は、

出会うタイミングを決めていて

お互いに助け合うようにできています。

(敵対関係にある人も実は仲間同士ということがあり、

大きな意味ではお互いの成長を助け合っているんですね)

その他にも、
お互いの台本の配役にはまる相手を、

その時々にしっかり選び合って相互学習しています。

 そのシステムは完璧です。

 

・占星術

ホロスコープには、それらの情報があります。

個人の出生データを見ただけで、

今どんなことが起こっていて

どんな人と関わっているかがわかるのです。


つづく


 





2014年

12月

11日

人生の台本 1











2006年10月28日


例えばジェラシー。

感情の中でも尤も厄介なもののひとつです。

 

私はジェラシー体質ではないのですが、

そういう状況を絶妙なタイミングで用意されると、

一瞬そんな気になったりもします。

それはちょうど、

役者が台本を渡されて役創りに嵌っていく、

そんな感じです。

集合意識にインデックスのある思考や感情なら、

個人的にあまり馴染みが無くても、

自分の中に再現することが可能なのです。

人生の行程で特殊な状況に置かれると、

人は、スイッチを押されたように
それらしい思考をし、

思考に添った感情を抱きます。

 

生まれてから死ぬまでに

あらかじめ用意されたことが起こり、

その都度それに添った思考や感情に

振り回されるのだとしたら・・・?

その「台本」を知っていて、
無駄に振り回されないように
したいとは思わいませんか?


つづく






 

2014年

11月

20日

セロ弾きのゴーシュ的占い師













宮沢賢治の童話、セロ弾きのゴーシュ。

ヘタクソな楽団員のもとへ、

夜ごといろいろな動物が現れ、

無理難題をいってゴーシュに演奏をさせます。

初めはブチ切れていたゴーシュですが、

動物たちとの交流に次第に心を開き、

そうこうするうちに、演奏が上達する、

というお話です。

 

昔、占い師の団体にいた時、

仕事が終わってクタクタの所へ、

毎日毎日年配の後輩につかまり、

ホロスコープリーディングについて質問攻めにあいました。

 

やさしい私(笑)は

ゴーシュのように切れたりしませんでしたが、

早く帰って飯食って風呂入って寝たい』

 

とは思っていました。

 

でも、これのおかげで、ホロスコープリーディングが

確実に自分のものになったんですよね!





 


2014年

11月

06日

男・女~ゆらぎ 2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2010年3月11日


私たちは、長い転生の間に、

だいたい両方の性を体験するようです。

ある時期、学びに特別なテーマがあって

片方の性ばかり体験する場合もあるようですが、

長い目で見て「帳尻」を合わせるようになっているらしい。

片方の性ばかりやってきたスピリットが、

急にもう一方の性になった場合、

違和感や不慣れさが出るのは致し方ないかもしれません。

また、スピリットの成長が進むにしたがって、

人格的には次第に両性具有的になるようです。

発生学的に見ても占星学的に見ても、ある人の持っている個性を

文化的な「男らしさ女らしさ」の物差しに当てて云々するのは、

あまり意味が無いようですね。

 

何をかくそうこの私も、実はかなり「男」です。

どうでもいい意地を守り通し、大雑把で単独行動を好み、

どんな山奥からでも本能で帰巣します。笑

過去生で長いこと男性を体験し、

今回は優しさや共感、育む力を身に付けよ、と
言われて出てきたような気がします。

 

 

 

 

 

 

 

2014年

11月

04日

男・女~ゆらぎ 1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2010年3月4日

 

最近、男性性、女性性の

境界の曖昧さに興味があったもので、

そのテの本を何冊か読みました。

男の赤ちゃんがお母さんのお腹の中で

「男の子らしく」なるには、
複雑で繊細な、極端に言えば

運任せとも言えるような過程があるそうです。
女の赤ちゃんも、放っておけば自然に

「女の子らしく」なるかと言えばそうでもなく、

男児程では無いにしろ

「揺れ」を体験する時期があるようです。

また、胎児の身体と脳の発達過程は、

連動はしていても別々の過程なので、
それらの成長過程の何処かで、
心(脳)と身体のさまざまな性の

グラデーションができることは、
それ自体、案外自然なことなのですね。

占星学で使うホロスコープには男女の区別はありません。
出生データからだけでは、ホロスコープの主が
男女どちらかまでは読み取れないのです。
スピリットの個性を象徴する星のエネルギーには、
男性性と女性性がバランス良く配分されていて、
男性は自分の中の女性性を、女性は男性性を、
それぞれ異性に「投影」する形で人格形成が起こります。

占星学が扱っているのが、スピリットの歴史であり、
ホロスコープがその一断面であることを考えると、
これは当たり前のことなのかもしれません。

スピリットそのものは、もともと両性具有の完全体です。

人格は、その完全性を目指して体験の旅をしています。
男性性と女性性は、

私たちの宇宙を構成している普遍的な要素であり、

その両極の間の行ったり来たりは、

全ての被造物にとって抗いがたい魅力のようです。 

つづく







2014年

10月

03日

潔い戦い

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 戦い。火星の支配分野です。

『戦い』という概念は、男性原理に属します。

女性原理からすると、全ての戦いはネガティブに映るかもしれませんが、 

そうとばかりも言えません。

 

怒りや欲に支配されない戦いは、人にこれまでの限界を越えさせ、

遠く、高く、飛躍させてくれます。

 

戦いには勝敗が付き物ですが、勝敗とは、究極自分との戦いでしょう。

なぜなら『対戦相手』は、鏡に映った自分自身に他ならないですからです。

 

好敵手と対戦する時は、ワクワクしてやる気が出ます。

弱い相手ではやる気が出ません、戦うまでもないからです。 

問題は、強すぎる相手と対戦する時です。

 

これ以上引き下がれない事情がある場合、

負けを承知で戦うことがあります。

やるだけやって負けた時は、戦わずして負け時よりスッキリしそう。

 

でも、意地や面子で負け戦をするのは、どうなんでしょうね。

こんな場合、止める方が勇気がいるし、カッコいいのかもしれません。

 

 

 

 

 

  

2014年

9月

22日

天職について

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2006年10月16日

 

今日は、「何かしたいのですが、

何をして良いか分からないのです」

「どうすれば憧れの仕事に就けますか? 

「これをやりたいのですが、食べられるでしょうか?」

というご質問についてお話しましょう。

  

星を見れば、その方の適正や志向性がわかります。 

でも、ぬきんでた才能や使命感等は、 

去生での努力の積み重ねがあって

初めて現れるものです。

もし、あなたが天才でないとしても、

関心のあることや得意なことには

一生懸命取り組んでみる価値があります。

 

何をして良いかわからない、という方は、

何でも良いですから、

出来ることを一生懸命やってみてください。

途中で『こんなものか』と投げ出さずに続ければ、

そこにあなた自身を知るきっかけになるものを、

必ず発見するでしょう。

 

どうすれば憧れの職業に就けるのか・・・

可能性があれば出来る限りのアドバイスをします!

でも・・・食べられるのかどうか、と悩む余裕のある方は、

その時点で諦めた方が無難かもしれません。

特別な仕事に就いている方は、その仕事以外考えられず、 

チャレンジをし続け、気が付くとそうなっていた、 

言う場合が殆どです。それが天職というものです。

 

自分に出来ることをして食べる、

これはこれで大変尊い事です。 

 

 

 

 

 

2014年

9月

20日

土星の働き 2

 

 

 

 

 

 

 

 

2007年1月4日 

  

嫌われ者の土星。 

その影響は厳しいので、『これのどこが癒しなの?!』

と思う方もあると思います。

 

土星は、

人の内側でシコリになっている部分にスポットを当て、 

逃げ場を奪って刺激をしてきますので、 

そこに向き合わざるを得なくなります。 

土星が悪いのではなく、

辛く感じるのはシコリがあるからなのです。

 

何かが終わったり、

奪われると感じることもありますし、

耐えるしかなかったり、

どうすべきか答えが出ないこともあります。

答えが解っていて出来ないことも・・・

結局、自分自身の内面を解き放つ以外、

楽になる方法はありません。

 

そしてその時期、誠意を持って通過した後には、

必ず『成長』というご褒美を貰えます。

成長を遂げた部分には現実的

なご褒美が付いてくることもあります。

心の中身が変われば現実も変わるからです。

 

しかし成長は、

我々がこの世に生まれ出てくる目的そのものですから、

それ自体で素晴らしい贈り物と言えるでしょう。

我々は、土星の浄化作用を楽しみにして生まれてくる、

と言っても過言ではありません。

 

土星=スピリットを地上に結ぶ絆・・・でしょうか。

 

 

 

 

 

 

2014年

9月

20日

土星の働き 1

 

 

 

 

 

 

 

 

2007年 1月3日

 

 

土星の入る時期は、カルマ期という言い方ができます。 

カルマについては前に少し書きましたが

(スピリチュアルのカテゴリーのうちの「笑いの星」)、

罪と罰という意味ではなく、

意識の深い部分の『コダワリ』のようなものです。

魂はそのコダワリを修正するために、

土星を使います。

 

まず、魂は意識の中のどこにそれがあるかを

しっかり人格にマークさせるため、

生まれる時の土星の状態を選びます。

それから、実際の天空の土星の運行を使って、

人を癒していくのです。

その癒し方は、他の星に比べて大変厳しいものですが、

効果は絶大です。

  

もし、あなたが何かに「恐れ」を持っていたり

その為に要らないものにしがみついていたりすると、

それらを誇張し、具体化し、体験させてくれます。

  

その時、恐れを手離さないでいると、 

土星のプレッシャーは

どんどん強く感じられるようになります。 

そして手放したとたんに全てがスーッと楽になります。

 

なぜなら・・・すべての恐れは幻想だからです。

 

 

つづく

 

 

 

 

 

 

2014年

9月

17日

親友の彼 3

 

 

 

 

 

 

 

 

2006年10月23日

 

E子ちゃんは自分を取り戻す為

、しばらくK君ともS美ちゃんとも

距離を置こうと思いました。

S美ちゃんに電話をして

「ちょっと話があるんだけど・・・あたしたちだけで会える?」

と言うと、S美ちゃんの方も「うん、あたしも話がある」と。

E子ちゃんは、

少しドキドキしながらS美ちゃんの部屋に向かいました。

 

いつものように冗談を言い合って、

そのあとちょっと沈黙があって・・・。

話を切り出したのはS美ちゃんの方でした。

 

「全部知ってるんだ。